猫アズカルのご利用にあたって

「野良猫が子猫を産んだので、どうにか助けてあげたい」

「近所に猫が捨てられているので、飼い主さんをみつけてあげたい」

「親戚に事情があり、飼い猫の面倒が見られなくなったので、新しいお家をみつけてあげたい」

 

…あなたは、このように思ったことはありませんか?

 

ただ、そのためにどうすればよいかわからない、誰に相談すればよいかわからない、ボランティアに依頼しようとしたが断られてしまった・・・。

そのような状況に立たされたこともあるのではないでしょうか。

 

こちらの猫アズカルは、そんな悩みを解決するための、出会いのプラットフォームです。

猫を預かる・預けることは、小さな動物、生き物のいのちを引き受けるということ。

十分な知識と配慮が必要です。

 

特に産まれたばかりの子猫は、授乳やケアを通して免疫をつける段階にあり、日々成長を見守る必要があります。

また見えない病気が隠れていることもあれば、ほかの猫からウイルス感染し、容態が急変することもあります。

 

こうお伝えすると、

「猫を預かったり、預けたりするのは大変…」

と思われるかもしれません。

 

たしかに、猫に関わることは容易なことではありません。

ただ、私たちが愛情を込めて猫に居場所を与え、できることを分担しながら育てることができれば、救われるいのちも増えていきます。

 

「気になることがちょっとでもあれば、すぐに病院に連れて行く」

「わからないことがあれば、すぐに相談する」

 

そんな心がけがあれば、小さないのちが守られるのです。

 

管理人自身の保護猫活動の経験から

 

こちらの猫アズカルは、管理人自身がTNR・保護猫活動に携わった経験から生まれたアイディアです。

私自身が活動の中で、「猫を預かってくれる人がいれば…」「送迎してくれる人がいれば…」と思う場面が何度もありました。

 

ボランティアといえど、一般の人とそう変わりはありません。

それぞれの仕事や家庭を抱え、その中で無償の活動に時間と労力を割いています。

大きな団体でない限り、どのグループも人手や資金が不足しており、保護猫の数はすでにキャパシティを越えています。

それにも関わらず、「近所で子猫が産まれた」「野良猫がいるからどうにかしてほしい」と次々と要請が絶えることがありません。

 

私も見よう見まねで捕獲のお手伝いをし、動画を通してご支援を募る中で、

「ボランティア任せにしているだけでは、この問題は解決に追いつかない」

と感じるようになりました。

 




 

管理人が保護猫活動に携わるようになったきっかけ

 

 

私がこの活動に携わるきっかけとなったのは、住んでいる地域に多くの野良猫がいることに気づき、観察する機会があったことです。

子猫や成猫たちが毎日お腹を空かせ、また病気にかかる様子を目にしました。

私は猫を飼った経験もなければ、猫のボランティアがどういうものなのかもよくわかっていません。

 

ただ、以前から大島弓子の「グーグーだって猫である」シリーズが好きで、くり返し読んでいました。

またテレビなどを通して、地域猫活動についても目にしていました。

個人的にも友人の飼い猫と心通わせる体験があり、猫カフェめぐりをするなど、ほど良い距離で猫たちと接していました。

自分の地域で出会う野良猫たちに、当初は頭を悩ませながら、自分にできることを一歩でもしようと、インターネットで近隣の保護団体や病院を調べ、資金作りの一助になればとYouTubeに野良猫の様子を投稿し始めました。

 

そこでわかったことは、猫を保護するには、

 

1.猫を捕獲する
2.病院へ連れて行く
3.一時預かり先をみつける
4.里親さんを探す

 

という段階が必要になる、ということでした。

 

猫を保護する際の段階について

 

1.猫を捕獲する

野良猫を保護するためには、まず猫を捕まえることが先決です。

そのためには、捕獲器を仕掛けて捕まえるのが一般的。

捕獲器は、行政で貸し出している所もあります。

あるいはボランティアさんから借りるという方法もあります。

捕獲器を警戒する猫の場合は、根気良く馴らす、期間を置いて再トライするなど、別の方法を考えます。

 

2.病院へ連れて行く

野良猫を捕まえたら、速やかに動物病院へ連れて行きます。

ウイルス検査(猫エイズ・猫白血病)、検便、虫下し、ワクチン接種、ノミダニ駆除等を行います。

1kg以上の猫であれば、不妊(避妊・去勢)手術も行います。

 

ご存知の通り、動物病院は保険が利かないので、それなりの費用がかかります。

もし子猫を数匹保護したとなると、頭数分の費用がかかることになります。

この場合、基本的に猫を発見・保護した人(保護主)が費用を負担する形になります。

これらのハードルが高いことから、猫の保護を諦めざるをえない人が多くいるのも現実。

費用については、譲渡の際に里親さんに請求することができますので、それまで「立て替える」と考えることもできます。

あるいは、周りの人に事情を伝えて少しずつ支援金を募る、という方法もあります。

また保護猫に理解ある病院を探しておくと、普通の動物病院より低価格で診療してもらえる場合があります。

普通の動物病院は野良猫の診療に馴れていない所もあるので、事前に問い合わせておくことが大切です。

 

3.一時預かり先をみつける

自宅で猫を預かることができる場合は、里親さんがみつかるまで面倒を見ます。

その間はゲージなどを用意し、フードやトイレのお世話をし、猫が人馴れするよう接していきます。

産まれて間もない子猫の場合は、3時間おきに哺乳瓶で授乳をします(これを引き受けてくれるのが、ミルクボランティアです)。

自宅で預かることができない場合は、一時預かり先をみつけて、同じように面倒を見てもらう必要があります。

こちらのステップのお手伝いをしようと考えるのが、猫アズカルです。

 

4.里親さんを探す

保護した猫に新しい家族をみつけてあげるため、里親さんを募集します。

里親募集の仕方は、

・地域の掲示板に貼紙をする

・友人知人を介して探す

・譲渡会に参加する

・インターネットの里親募集サイトを利用する

などの方法があります。

 

2~3ヶ月歳までの子猫は早い段階で里親さんが決まりやすく、成長した猫の場合は時間をかけて探すと決まりやすい傾向にあります。

病気や障害を抱えている猫であっても、ご縁があれば里親さんがみつかるケースも多くあります。

まずは広く募集をすることが大切です。

 

また猫にとっての幸せを第一に考え、譲渡先にはある程度の条件を設けておきましょう。

保護猫を譲り受けるには年齢制限など厳しい条件がありますが、どれか1つでも条件を満たしていない場合は、後々トラブルが起こりやすくなるので注意しましょう。

 




 

猫アズカルをお役立てください

 

 

この猫アズカルを活用していただき、

「猫を快く預かってくれる人がいる」

と思えることで、猫を保護しようとする人の背中を押すことができればと願っています。

 

そして、野良猫の保護をためらうことなく、里親さんに渡すまでの流れがよりスムーズになればと考えております。

 

猫の預かりボランティアを希望する方も、

「猫が好き」

「野良猫を放っておけない」

「年齢制限があって保護猫を飼うことができないけれど、一時預かりなら歓迎」

という方を募っております。

 

また、

「預かりはできないけれど、車での送迎ならできる」

という方もお気軽にご登録ください。

 

「ボランティアに参加する」と大きく構えなくても、私たち一人ひとりができる範囲で、目の前の猫たちに手を差しのべることができれば、救えるいのちが増えていきます。

ぜひ猫アズカルをご活用いただき、あなたにできる範囲でご協力ください。

 

※猫アズカルでは、有料での猫の預かりは行っておりません。
※猫アズカルは保護猫を優先とした預かりサービスです。
ご自分のペットの猫を預けたいという場合は、預かりボランティアさんのご意思を確認いただき、よくご相談ください。
また、友人知人やペットホテルなども併せてお探しいただけますようお願い申し上げます。

 

猫アズカルで気に留めていただきたいこと

 

こちらの猫アズカルでは、人と人を介した生体(動物・生き物)の預かりを目的としています。

実際にはさまざまな課題をクリアしていくことが大切になると考えております。

 

1.虐待問題

ニュースやインターネットで見聞きする機会も多いように、残念ながら、野良猫には虐待や売買といった問題がついて回ります。

これは私たちの身近で実際に起こりうることです。

「里親詐欺」という言葉も飛び交うように、里親になる風を装って猫を譲り受け、虐待するという事件も後を絶ちません。

猫アズカルでは、そのような事態が起こらないようご利用者の情報の把握に努め、注意喚起を行ってまいります。

 

※虐待・転売の防止対策
不審な登録を発見した場合は、運営側が非公開にいたしますので、予めご了承ください。

運営者は地域猫活動を行っており、行政や警察と密に連携しております。
虐待や転売防止の対策として、不審な登録者をみつけた場合は、登録情報やIPアドレスを行政や警察と共有する等の対策を講じます。

 

2.不慮の事故や病気・怪我

猫を預かる際、あるいは移動や搬送の際に、猫が不慮の事故に遭う、思いがけない病気や怪我が発生する、あるいは死亡するといった事態が起こることも考えられます。

そのような事態が起こった際は、どのように対処するか、双方の合意を交わしておく必要があります。

 

<例1>

・預かり先で猫が窓から外に飛び降り、骨折してしまった

このような場合は、脱走対策が十分でなく、また見守りも不十分だったとして、預かりボランティア側の過失が認められます。

この際は、依頼者ではなく、預かりボランティア側が医療費を負担する必要があります。

 

<例2>

・ワクチン接種後に預かり先で容体が急変した

ワクチン接種により猫の健康に影響を及ぼしたと考えられる場合は、依頼者の責任として認められます。

預かりボランティア側は依頼者に速やかに連絡し、対処法について話し合いをする必要があります。

※この場合は一刻を争うので、「何かあったらすぐに病院へ連れて行く」「医療費は領収書をもらっておき、後から清算する」など事前に取り決めておくとよいでしょう。

 

3.預かりボランティアと依頼者の間のトラブル

猫アズカルでは、「猫を預かりたい人」と「猫を預かってもらいたい人」のマッチングを目的としておりますが、人と人とのやりとりですので、その中で行き違いや誤解、考え方や行動様式の違いなどが起こる可能性がございます。

最初は猫アズカルのメッセージ機能を通してマッチングを行っていただきますが、実際に猫の受け渡しを行う際はできるだけお互いの携帯電話やLINEなどを活用し、より直接的で詳細なやりとりを重ねていただくようお願いいたします。

「猫を助ける」ことを第一の目的とし、できるだけ丁寧な言葉遣いややり取りを重ねるよう心がけましょう。

 

私自身の経験からも、猫のことになると通常以上に感情的になる場合が見受けられます。

そのような場合はひと呼吸置き、第三者を介する、運営に報告・相談するなど、何らかの対策を講じるようにして下さい。

おおらかで寛容な心と、相手を気遣うやさしさを持ち、気持ちの良いやりとりを心がけましょう。

「そうは言っても、猫のお世話で疲れ切っている」という場合は、無理をせず相手にそう伝え、自分のための時間を持つように努めましょう。

 

4.コロナ対策

猫アズカルでは、コロナウイルス感染症の拡大を防ぐため、預かりボランティアと依頼者の間での密閉、密集、密接の3密(3つの密)を避け、ソーシャルディスタンスを常に心がけるようお願いしてまいります。

また、猫の受け渡しの際には双方共にアルコール消毒、マスク着用での対応を行うよう併せてお願いします。

体調がすぐれない、咳や発熱の症状が見られる際には活動を控えるよう、ご理解とご協力をお願いいたます。